takanな日記

主に子供の事や、自分の出来事などを書き綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
読了本の紹介です。

ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則
(2010/06/24)
バーバラ・フレドリクソン

商品詳細を見る


ほんまでっかTVに出演してる、植木理恵さんが監修をしてる本。

タイトル通りで、ポジティブ:ネガティブが3:1以上になれば、いいよ!って書いてる本なのですが、なるほど!って納得のいく内容でとてもためになります。
特に、ネガティブな感情も大切で、最初に植木さんの書いてる序章の1部分
これは幾多の臨床試験からも断言できることであるが、人間の脳に不意に浮かび上がる気分(フィーリング)に、無価値なものはひとつもない。すべてが重要な役割をもっている。暗さ、寂しさ、怒り、このようなネガティブな気分は、そのときその人にとって、とても必要だからわいてくるのである。「暗さ」は自己洞察をあえて狭めることで考えを深めてくれる。「寂しさ」は脳の活動を停止させ、心を休めてくれる。「怒り」は心の中の深い感情を、自分に知らせてくれる。
 そんな脳のシグナルを無視して、やたらに「ポジティブが一番!」と大声で笑い合い、心の奥と対峙せずに自己をもみ消す毎日。フレデリクソン氏も強調しているがそれはジワジワと心身を蝕み、病理へとつながっていく危険な生き方である。


無理に、から元気を装ってもイイことなさそうです。
早速、本にならって「繁栄」のためのポートフォリオを作ってみようか! って気分ですw。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://takan.blog28.fc2.com/tb.php/1697-3d61370e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。