takanな日記

主に子供の事や、自分の出来事などを書き綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日も雨。
台風5号も、熱帯低気圧となったらしく、ヤレヤレです。

先週、母親が入院したことをブログで書いたんですが、その続き。

手術はない! と書きましたが、そのあと症状が良くならず、結局、手術することになりました。
明日が手術日です。

当初、大した手術じゃないし、叔母(母の姉)が来てくれるし、仕事もあろうから、手術の時は別に病院に居なくていい と母は言っていた。


今日の夕方に母から電話があり。

「やはり明日は、手術の時に病院に居て欲しい!」と言い出した。
まあ、会社終わりに病院に行くつもりだが、それでは手術が終わっていてダメだ!という。

どうも、手術の時に子供が居ないのはマズイんじゃないか? と叔母に言われたらしい。


が、今更、その時間にそんなこと言われても困る。
手術の日は前もって知っていたし、突然そんな理由で休むとか、帰るとか言いづらいし、、、しかもよりによって、仕事が忙しく周りに無理を言うのはチョット・・・・


妹のほうにTELしてみたら、同じ状況だった。
母から電話があり、突然そんなこと言われて困っていたが、結局、会社に無理を言って、何とか手術までに病院へいけるようにしていた。

ホントヤレヤレです。
妹と、母の困った四方山話をしばらくして電話を切ったのですが、、


今更ながら、ヘルニアの手術って、、命にかかわる何かになったりするんだろうか?? と不安になったりして・・・

まあ、大丈夫だろ! って気がするけど。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

お母様 手術が回避できて 良かったのではないでしょうか。
椎間板ヘルニアはよっぽど酷くない限り
このごろは 手術せずに保存療法が主流のようですよぅ~
職場にいろいろな方がいらっしゃって
腰を痛めている方は本当に多く(自分も含め)
椎間板ヘルニアとか脊柱管狭窄とかね・・・

ヘルニアの手術が命にかかわるとしたら
麻酔の失敗とか よっぽど酷いミスがあるとか ではないでしょうか・・・う~んあとはなんだろな~
内蔵系の病気と違って ほおっておいても死には至らないでしょうけど
リハビリ励んだり 日ごろの生活態度を見なおしたり
自己努力を怠ると 症状は悪化して 腰の痛みは尚更、他にも悪影響を及ぼし
例えば膝に負担がかかるとかね、本人の辛さが増すのね(と、こうコメントしながら自分に言い聞かせている ふはは)
あ、ちょっとちょっとtakanさん
どこか内蔵系が悪くて腰に痛みが出ているとかそういう疑いは診てもらっていますか?
って、またまたこんな脅しを! 
それにしても ずいぶん切羽詰まって手術をするとかしないとか決める病院なのですね~ビックリしますぅ~

2012.06.23 17:29 URL | ココ #ncVW9ZjY [ 編集 ]



>ココさん。

手術回避はよかったんですかね~。
ほうほう、手術せずの保存療法が主流なんですか。
いや~その辺はまったく分からなかったので、教えていただいて感謝です。

確か、人間って二足歩行するように進化して、腰が急所だと何かのTVで見たような気がします。
私も以前、確か去年の暮れあたりに腰が痛くて困ったことがありましたわ。まあ病院に行くほどでもなく、座椅子を止めたら治ったんですけどw。

確か全身麻酔だからとか、叔母に言われたからとか、そんなこと言ってた様な気がします。
何にしても、はなっから休むようにしときゃよかったかな~と思ってます。今後は、よほどじゃない限りそうしようかと。

内臓系ですか・・・・・さあ?!
でもそういうのって、医者が疑って然るべきものなんじゃないかな~? とか 甘いですかね・・

まあ、私が見舞いに行ってたときに、丁度、医者と母が話をしてるとこで、その時は、検査でこの部分が悪い!と分からないと手術は出来ない!ってハッキリいってたのに、、その後、検査なしで手術って決まったって聞いたときは「は?」と思ったのは確かです。
病院の評判は悪くないみたいなんですけどね~。


2012.06.27 22:54 URL | takan #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://takan.blog28.fc2.com/tb.php/1782-d8e615d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。