takanな日記

主に子供の事や、自分の出来事などを書き綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
読了本の紹介です。
ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)
(2010/06/17)
大鐘 良一、小原 健右 他

商品詳細を見る


↑のアマゾンの紹介画像ではこれですが、実際に本屋で売られてる表紙はこちら↓

20120821001.jpg
(今、売られてる本には、更に上の写真のカバーが装丁されてます)
最初、宇宙兄弟の文字に反応して手に取り、パラパラ~と本をめくって、購入!!した次第で。


私も中学生時代、宇宙飛行士になりたい!と思ったことがあります。
そしてクラスの場で発表したような。。。
まあ、かなり無謀なことを言ったもんだと、今となっては赤面ものですが・・・・

その時、担任の先生に「だったら英語をもっと頑張らないとね(はあと)」と言われ、「あ~そうか~英語か~・・・・」と数分でその夢を断念したわけですw。
その時もっと頑張っていれば!と、、、まあ変わらんかw。


で、一番気になったのが、「宇宙兄弟」と同じような感じで宇宙飛行士って決められているんだろうか?って部分。

やはり、最近の漫画にありがちな、事実に基づく創作ってやつで、閉鎖環境での試験を実際に行ってました。
グリーンカードの記述はなかったので、恐らくその辺りは創作部分かと。

問われているのは"人間力” コミュニケーション能力や、リーダーシップ、フォロワーシップ、ユーモア など。
頭がイイだけじゃ、宇宙飛行士になれない。

今、TVアニメを見てて思うのは、「溝口は当てはまらない、、合格は無理じゃね!?」という部分は予想できますわw。


関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://takan.blog28.fc2.com/tb.php/1821-75e3d4bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。