FC2ブログ

takanな日記

主に子供の事や、自分の出来事などを書き綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日会社で、最近の子供は虫とか採りに行ってるんだろうか?という話をした。

私が小学生の頃は、山にクワガタやカブト、網とか持ってセミを捕まえたりしてたが、最近の子はどうなんだろうか?
多分、そんな事はせず家でゲームとか、クワガタやカブトといったら虫キングとか・・そんな感じだろ~と話してた。


そんな話をしながら、ふと昔の事を思い出した。


夏休みの早朝、ラジオ体操をしに家をでたときの事。
しばらく行った所の木にセミの幼虫を発見した。

そういうのってセミを捕まえる以上にレアで、早速捕まえテンションも高いままラジオ体操へ。

ラジオ体操が終わり、ふと幼虫を見ると背中がぱっくり割れて、中からセミが出てこようとしていた。

おおお、貴重な瞬間だ! としばらくその様子を眺めてたが、、実にノロイ・・・・

もうラジオ体操も終わってるので、早く家に帰らんと母親に怒られる。

そんな思いから、セミを殻から引っ張りだしてやった。


脱皮したセミは、ホント真っ白で・・・・・・気持ち悪かった。 コレいらね!もう自由にしてやろうと、そのまま放置し帰宅した。


次の日。

ラジオ体操でそこに行くと、そのままセミは死んでいた。

可哀相な事をしたな。 そんな懺悔な気持ちから、夏休みの宿題「夏休みの思い出!」という作文にその事を書いた。

しばらくして、その作文が帰ってきた。最後に赤ペンで先生の感想が書かれていた。


良い事をしましたね。結果は残念でしたが・・・・・云々


いや、良い事をしたつもりはまったく無く、教会で懺悔するみたいな感じで提出したのに・・・・・


banner_04.gif
関連記事
スポンサーサイト

心にずっと残ってるんですね。
子供の頃って良く残酷な事をしてしまうんだけど
その事から「命」についてを学んだり「思いやり」を学んだりするのだから
このせみは生まれる瞬間に死んでしまったんだけれど
役目を果たして天使になったんだと思います。

そういえば、昔私達の小学生の時代には
鮒の解剖が理科の授業であったんだけど
最近はないんだってね。
私はあの解剖だって大切な授業だと思うんだけど
なくなってしまったのは「命」を粗末にしない事の教えなんだろうか?

takanさん、「解剖」したよね??
同年代だよね??? (;一一) ジロー

2008.04.11 10:18 URL | ゆき #JvQfqRII [ 編集 ]



>ゆきさん。

なるほど、北斗の拳でラオウが「俺の中で生きよ!」と言ってましたねw。
セミも私の中で行き続けてるって事か~・・・・・・天使・・・・・・あ!違う風に捕らえてましたねw。

え~っと、フナの解剖ですか。
実は私の年から無くなったんですよ。いっこ上の先輩は解剖があったみたいで、その感じをよく話してました。
フナじゃなくカエルだったかな~。

で、授業とは関係なく友達とカエルの解剖をした事があります。
中から内臓とか出た状態で池に逃げられました。とても怖かったです。


2008.04.11 21:31 URL | takan #By5QXyrY [ 編集 ]

うわっ それは…(´Д⊂ヽ
セミって何年地面の中にいるんだっけか?
お気の毒だったな ( * ̄)m 〔十〕 アーメン

透明なカエルのニュース読んだよ
解剖しなくても内臓見えるとか
それはそれでやっぱり気持ち悪いけどww

2008.04.11 23:19 URL | ユイ #- [ 編集 ]

子供の頃、セミの抜け殻をたくさん集めて。
母親に天ぷらにしてもらおうと思ったことがあります。
メチャクチャ怒られました。

みんな、幼い頃にセミの思い出があるんですね。

2008.04.11 23:20 URL | にゃこ #- [ 編集 ]

子供って残酷なんだよね。
自分が本当に愛おしく感じた命を亡くした時に
命の大切さを知るんだよね。
それから、takanさんのように 命に関わった時とかさ。
>良い事をしましたね。結果は残念でしたが・・・・・
良い事というか、良い経験をしましたねって意味かな?その先生が伝えたかったことは。
>良い事をしたつもりはまったく無く、教会で懺悔するみたいな感じで提出したのに・・・・・
あ~ 分るわぁ~その気分!
takan少年は 心が苦しくてどうしょうもなかったんだね。
誰かに、誰かにこの苦しみをわかってほじぃぃぃびょぉぉお
な気分だったのでしょうか?ウププ
私は 今の 虫採り?なにそれ?とか言っちゃうようなお子様が
とっても心配でなりません。
リアルな命にかかわって その儚さを是非学んでほしいなぁ~
って、語ってどうするよねぇ(笑)

2008.04.12 20:19 URL | ココ #- [ 編集 ]



>ユイさん。

そうですね~、その当時はセミがそんなに短命だとは知らんかったのです。
なんにしてもかわいそうな事をしてしまいました。

透明なカエルですか? そのニュースは知らないな~。
ハエとか食ったら、それが溶けていくのも見えるのかな~・・・・・確かに気持ち悪いですわ。


>にゃこさん。

至る所にセミの抜け殻ってありましたよね~、それをクシャ!って潰すのが好きでした。

なるほど~、確かに食べれそうな感じもしますが、その当時にその発想は無かったですw。
イッパイ集められたセミの抜け殻を見せられて、お母さんもさぞビックリされたんでしょうね~。


>ココさん。

まあ、残酷ですわな~。
昔、子供の頃はいらん殺生をイッパイしてきた気がします・・・

ペットとか飼うと、命の尊さとかを知るっていうか、感じるっていうか、そういうのってあると思います。私も子供の頃、犬を飼っててそういう感情を知った一人です。
もしうちの子が、ペットを飼いたいと言い出したら、飼ってあげたいと思ってます。

イヤイヤ、先生はマジで良い事をしたと褒めてくれたのだと思います。まあその事が逆に重荷に・・・

そうですね~最近の子は、パソコンとかゲームとかバーチャルな生き物があるわけで、本当の命とか理解しずらい、ある意味難しい時代を生きてるのかも知れません。
そういう意味で、子供との関わりに置いて私たち大人の意義って言うか、そういうのが必要な気もする今日この頃なのですよ。

2008.04.12 22:24 URL | takan #By5QXyrY [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://takan.blog28.fc2.com/tb.php/739-e7da1948

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。